ラティクチを諦めるな

れみ(@lemi_irym)の構築記事、随筆、草案など

構築案

初手後攻ボルトチェンジからの展開は初手択を減らし、安定して試合を進められるのでこれを出発点とする。

誰でボルトチェンジするかという話だが、

カバルドン(初手に来がち)に打点がある

・出し負けが少ない(出落ちしない)

ボルトチェンジ後に腐りにくい

・ある程度遅く(高速アタッカー相手に下からボルチェン)、ある程度速い(低速相手に上からボルチェン)

の条件を満たしている必要があり、今まではサンダーを使っていたが、別のポケモンを試そうと思う

素早さ関係、腐りにくさ、圧力などの観点から悪戯心化身ボルトロスにはその適性があると睨んだ。負けん気のダイマックス型という圧力と草結びによる地面への役割遂行も含めて、初手ボルトチェンジから展開を作りやすい。

ボルトロスはサンダーと違いゴリランダーに強くない。そこで裏のエースはゴリランダーに強い必要があり、カイリューを採用したい。瞬間火力と積みの火力どちらもだせ、マルチスケイルで受けだしも出来る。

この2体だとステロが痛く、氷岩の一貫があり、ブリザポスに薄いので、水ウーラオスを採用して氷岩に後出しからサイクルに圧力をかけていきたい